飯高登山ルートの安全確認作業

 松阪市の飯高町管内には、多くの登山・ハイキングルートがあり、山岳事故による捜索救助要請が多発しています。そこで、当消防職員有志をはじめ防災関係機関等にも呼びかけ山岳遭難並びに事故防止を目的とする安全確認作業をボランティアで実施することとし、本年も昨年に引き続き、下記のとおり開催しました。

1 日 時   平成19年8月19日(日)

2 作業ルート @宮ノ谷、A木梶三滝、B江馬小屋、C奥の出合

3 参加者   合計127人
           
          消防職員51人、警察職員29人、消防団員5人、
          本庁・飯高地域振興局職員13人、飯高山岳救助隊等8人
          松阪地区医師会5人、他16人

4 作業内容 登山ルートの点検、危険箇所チェック、安全啓発、清掃等

5 登山の様子 
松阪消防のボランティア活動
 私たちの組織も地域の一員としてボランティア活動にも取り組んでいます。

◇交通安全街頭指導

  交通事故・違反の多発については、全国的にも大きな社会問題となっている中 、松阪市においては交通死亡事故の連続発生や交通事故による重傷者数の急増な どの事態を踏まえ、平成19年11月、「交通死亡事故多発警報(平成20年1 月31日まで)」を発令しました。
  その間、関係機関・団体が連携の上、「ミルミルウェーブ」、「街頭指導」等 を実施するなど交通安全活動を展開し、当消防も市関係機関の1つとして、市民 に交通安全を訴えました。


1 日時・場所
        @平成19年11月21日(水)午前7時40分〜同8時10分頃
         県道松阪環状線 川井町4交差点
        
        A平成19年12月11日(火)午前7時40分〜同8時00分頃

2 参加者
        @ 50人、 A55人